スペインが生んだ巨匠:ガウディ

皆様こんにちは!毎度毎度なオリーブログ担当Aです♪♪

夏が近づくとやはりやっかいなのはあれですよね、ブーンとか細くも不快な音を出して飛び回る、

吸血鬼、そう、蚊です。

先日もあのにっくき蚊に、あろうことか小指の先を刺されてしまい、

痒くて痒くて仕方がない・・・でも仕事中は掻くわけにもいかず、

とりあえず刺されていないもう片方の足で痒みがある部分を踏みつけ、

少しでも奴らから受けた痒みを和らげようと奮闘している始末です。

まあその結果、そのとき以上に痒みが増すんですけどね(^△^;)

さて、本日のお話は久しぶりにお料理関係ではなく、お店のある特徴についてです!

皆様は我がオリーブオリーブのとあるタイルの装飾はご存知ですか???

濃紺や赤や黄色や白の不揃いなタイルが、お店のあらゆるところで使われています。

例えば、

 

 

 

 

 

 

入り口の両側に貼られているものや、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風にお店の中央にどでんとそびえ立つ白の柱の上部分にも。

これ、知っている人は知っている、スペインを代表する彫刻家、『アントニ・ガウディ』をイメージしているんです☆

彼の手がけた建築の特徴は、ご存知モザイクタイル。

これがあることで、オリーブも一気にスペインにタイムスリップした気になりますよね!

このタイルを見て、「コレはスペインのガウディの・・・」とか言いながら

お連れの方に説明してらっしゃるお客様を見ると、

ああ、この方は分かってる!!

と、ちょっと嬉しくなります♪

異国の情緒あふれる雰囲気作りに一役買っているこの演出、

皆様も次に来た時は、よーーーっく目を凝らして見てみて下さいね!

それでは今日はこの辺りにしておきますね。

またお会いいたしましょう!