Sシェフ作:お酒のあてのタパス。

昨日のお昼には雪がちらついていましたね~

また本日は『大寒』ということもあり、非常に寒さが厳しく、関西でもがっつり雪が積もっていましたね。

寒さが本格化してきて、冬眠したくなるほど凍えているオリーブログ担当Aです。

皆様こんばんは☆

そういえば本州では例年にないくらいの大寒波という話ですが、

今年のお正月の沖縄では、日中20度を超えていたそうです(沖縄人談)。

やはり常夏の島はそんなの関係ない!!・・・ってことなんですかね。

さて、今回は、そんな寒さをアルコールを摂取することで乗り切ろう!ということで、

お酒がすすむ素敵な“タパス”をご紹介いたします♪

まずは、

 

 

 

 

 

 

“仔羊と三種豆のタパス”です☆

歯ごたえがある程度の硬さの仔羊と、白いんげんをはじめとした3種類の豆が入っています(そのまんまの説明ですが)。

なんというか、食べてみたらこれがものすごくお酒に合う!!!

しっかりとした味付けなので、特に生ビールに合うと思います♪

さてさて、続いては最近はどのお店でも比較的見かける、フォアグラ系のお料理。

 

 

 

 

 

 

これは“フォアグラのテリーヌ”です~

ものすごく濃厚なフォアグラを、一緒に乗っているバケットに塗って召し上がっていただくもので、

すごく濃いのにフォアグラ独特の臭みがまったくないので、初心者にもオススメです☆

お皿に乗っている赤いものはケチャップ・・・ではなく、これまた濃厚な木苺のソースです。

こちらもつけて召し上がれ。

とまあこんな感じですかね、はい。

ちなみにこれらは、フレンチ担当(?)S野シェフ作、で、ございます。

普段のタパス代わりのお酒のあてに、是非一度どうぞ。

それではまた!